青魚の成分

血液を減らして血液をサラサラにする効果があるのが、青魚に含まれているDHAやEPAといった成分です。このような成分をサプリメントで摂取することによって、悪玉コレステロールを減らすことが出来ます。

Read more »

納豆のさらさら効果

納豆に含まれるナットウキナーゼという成分は血液をサラサラにする孔があります。ナットウキナーゼには悪玉コレステロールを回収する善玉コレステロールの働きを促進させます。納豆は水溶性の食物繊維ですので、効果はさらに高まります。

Read more »

レシチンはサプリで

卵に含まれるレシチンという成分は、血管にこびりついた悪玉コレステロールを回収して肝臓に戻すという働きをします。卵はコレステロールが高いので、レシチンを含んでいるサプリメントを摂取しましょう。

Read more »

中性脂肪を下げるお酢

お酢に含まれるクエン酸は、中性脂肪を下げるという効果があります。中性脂肪は悪玉コレステロールを増やす原因にもなるので、中性脂肪を減らすクエン酸は悪玉コレステロール減少に役立ちます。

Read more »

悪玉コレステロール

コレステロールが気になる人は、サプリメントを活用すると良いですよ。効率良く栄養素を補給できますし、継続しやすいです。

血管内壁に付着して、動脈硬化の原因となるのが悪玉コレステロールと呼ばれているコレステロールです。
お肉の脂身や、ラーメン、揚げ物、クリームといったものには悪玉コレステロールを悪化させる、飽和脂肪酸が含まれています。
現代人は飽和脂肪酸を過剰に摂取する傾向があり、血中に悪玉コレステロールが増える原因となっています。血中の悪玉コレステロール値が高いかどうかの検査を受けて、まずは自分の症状を把握しましょう。
検査の結果、血中の悪玉コレステロールが多ければ、悪玉コレステロールを減らす食事を積極的に摂取するようにしましょう。

血中のコレステロールを減らす食事は、水溶性の食物繊維です。りんご、納豆、あずき、オートミールといった食事を摂取することで血中の悪玉コレステロールを改善することが出来ます。
また、適度な運動を行うことで血中のコレステロールを消費して血液をサラサラにすることが出来ます。運動をすることで、悪玉コレステロールを増やす中性脂肪を抑制することが出来るのも大きなメリットです。
運動は脂肪を燃焼しやすい有酸素運動が良いでしょう。遅いスピードのランニングやウォーキングを1日30分間続けることで、症状を改善することが出来ます。
このような、食生活の改善と運動習慣を身に付けることに加えて、血液サラサラ効果のある成分をサプリメントで摂取することで効果を高めることが出来ます。
血流が良くなれば、全身の新陳代謝が活発になり美容効果があるので、悪玉コレステロール減少に効果的な成分を摂取しましょう。


オススメリンク